2019年、エンジニア転職支援エージェント紹介!

スポンサーリンク

2019年最新、現役エンジニアのための転職支援エージェント紹介

現在、エンジニアとしてご活躍されている方の転職支援エージェントをご紹介いたします。

「自分なんかまだまだ」なんて悠長に言ってる場合ではありません。

転職後に伸びることを計算の上で転職を募集している企業もたくさんあるのです。

自分のこれからの成長に期待して高望みするぐらいの意気込みでちょうどいいですよ。

Tech Stars Agent(テックスターエージェント):IT、Web、ゲーム業界に特化した転職サイト



Tech Stars Agent(テックスターエージェント)は、IT、Web、ゲーム系、それぞれの業界に特化した転職サポート会社です。

取扱い企業の一例です。

横暴者の半数が年収600万円以上で転職しています。

 

登録者の過半数が35歳以下です。

経験2~3年ならもう「即戦力」です。

会社それぞれにやり方や特化すべきノウハウやスキルがあります。

そういうものは所属してから身に付けるものも多いのです。

だから「自分はまだまだ」という自分に対する過小評価は危険です。

「周り(企業)から見てどうなのか?」が大切なので、転職サイトの担当者などから客観的に判断してもらうことが大事です。

このデータからも早めに転職するのが条件向上に繋がりやすいです。

役職が上位になれば話は別ですが、若い内は社内で昇給するよりも転職した方が一気に年収は上がります。

年収が上がればそこが新たなスタートポイントになるのでその後の年収に対するアプローチに大きな変化が付けられます。

スキル習得も大事ですが、転職の機会を逃さないように外にも目配りを忘れないようにしましょう。

実際に転職するかどうかは別にして、登録だけはしておいて業界の動向をチェックすることをお勧めします。

Tech Stars Agent(テックスターエージェント)

 

WORKPORT(ワークポート):IT含めた様々な職種を取り扱う「総合転職エージェント」

ワークポートテック

WORKPORT(ワークポート)は、設立当初からIT、ゲーム業界を専門に扱ってきた総合転職エージェントです。

総合転職エージェントとして、リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア『DODA Valuable Partner Award2017』にて、「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれています。

これまでの転職実績は50万人を越えます。

総合的な転職案件も扱う中でのエンジニア転職案件という、他にはないアプローチからの求人情報に接するチャンスがあります。

もちろん、ITやゲーム業界を専門に扱う部署もあり、コンサルタントは業界出身者も多いのでスキルや業務内容を理解したうえで相談できます。

ワークポートが保有する案件の内、7割以上は一般公開されないクローズド案件になります。

登録しないと紹介されない案件なので、登録だけでもして情報収集しておくことをお勧めします。

WORKPORT(ワークポート)

ワークポートテック

まとめ

一般的にエンジニアの転職は35歳以下、早ければ早いほどいいという流れです。

言い方は悪いですが、まじめにスキルアップばかりに目を奪われていると年収アップの旬を逃してしまいます。

「より良い条件(収入)でスキルアップも出来る職場」を探す方向に目を向けるべきです。

転職エージェントに声を掛けられたら絶対に転職しなければならない、というわけではありません。

自分の価値をしっかりと把握するまでは安易に転職するべきでもありません。

目の前に現れたチャンスを逃さないようにするために、早めに登録して様々な案件に目を通し、理解を深めておくことが大事です。

特に転職未経験者は自分の置かれた現状を過大評価しがちです。

「給料が安くて」とか「休みが無くて」と嘆くだけでは絶対に条件は向上しません。

外に目を向ければもっともっと好条件の職場がたくさんあります。

思い切って登録して、エージェントの話を聞いてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました