小学校1年生よりプログラミング教育授業の必修化をわかりやすく解説。

スポンサーリンク

2020年より小学校1年生からプログラミングの授業開始。

これは決定事項なので始まるといったら始まるのです。

小学校1年生よりプログラミングが必修の授業として、です。

いったいなんのために?

なにを準備すればいいのでしょう?

 

学習指導要領の変更

「学習指導要領」とは、日本全国において子供たちが等しく学習できるように統一性を持たせるための基準です。

 

こちらの県では習ったけどあっちの県では習わなかった

ということが起きないようにするためのものです。

 

学校教育における「学習指導要領」は10年ごとに更新します。

これは、時代のうつり変わりによって学ぶべきことが変わることへ対処するためです。

2020年はちょうどこの更新時期になります。

更新する際はいきなりガラっと変わるのではなく、「周知」「徹底」「移行」「全面実施」というように数年掛けて様子を見ながら進めていきます。

その更新の一環として「プログラミング学習」が導入されることとなりました。

「プログラミング学習」導入が発表されたのは2017年の3月です。

 

では、なぜ「プログラミング学習」が必要なのでしょうか?

 

プログラミング教育が必要となる背景。

文部科学省が2017年3月に公示した学習指導要領には、

「情報活用能力の育成を図るため、各学校において、コンピュータや情報通信ネットワークなどの情報手段を活用するために必要な環境を整え、これらを適切に活用した学習活動の充実を図ることに配慮すること

と明記されています。

つまり、

「パソコンやスマホ、タブレットなどのIT機器は使えるようになっておかないと将来ヤバいから学校でも機材そろえて教えてあげてね。」

ということです。

各家庭に任せてしまうと、IT機器に触れないまま育つ子供が出てきて教育格差が助長されてしまうので、それを防ごうということです。

そのために学校の授業使うでIT機器を揃えなさいってことですね。

そろえたIT機器を使って何を学習するかというと…

 

これより先、私たちの社会は、より高度化されたコンピューター(プログラム)による制御が組み込まれた世界となることは間違いありません。

「スイッチを入れたから動く」だけの認識では社会に順応できない人材となってしまうことへの危惧があります。

一足飛びに結論を求めるのではなく、

「AをしたからBが作用してCとなった」

「CにするためにまずAをしてからBをする」

という、

論理的思考が必要性を増すことへの対応としてプログラミングを授業に取り入れることとなったのです。

 

ただし、いきなりプログラミング言語を覚える授業が始まるわけではありません。

あくまで「プログラミング的思考の育成」が開始されるだけです。

 

プログラミング的思考とは?

「プログラミング的思考」とは、物事を順序立てて論理的に考えることです。

 

授業内容。

1年生の授業スタートでいきなりプログラミング開始と言うわけではありません。

アルファベットを理解していない小学生にキーボードが使えるわけもありません。

というわけで、授業として習うのはあくまで「プログラミング的思考」になります。

上図は授業内容の参考一例です。

コンピューター上に三角形を書く場合の命令(プログラム)の仕方です。

コンピューターは自分で考えることができません。

言われたことを言われた通り、忠実に再現するだけです。

命令が正しければこちらの思い通りのものが出来上がるし、命令が間違っていれば思っていたものは出来上がりません。

 

目的を達成する(三角形を書く)ために必要な情報を的確に伝えるという方法、思考を身に付けることが目的です。

これは実社会の人間関係にも同じことが言えます。

他者に対して的確な指示をするために必要な能力です。

人間は、あいまいな指示だとしても独自に解釈して正しい答えが導き出せてしまうので、命令する方は楽だったりします。

そのため、いつまでたってもあいまいな指示しか出せない人になってしまうことがあります。

いわゆる人任せな人です。

これではリーダーにとして不適格です。

 

社会を牽引する人材を育むという目的として「プログラミング的思考」を身に付けることはとても大切なことです。

 

プログラミング的思考の必要性。

新しい教育指導として、

「プログラミング的思考」を育成することが大事

だということが盛り込まれたということです。

 

論理的思考ができるようになることで主体性を持って物事に取り組むことができるようになります。

プログラミングの授業が必修になるとは言っても、成績表に「プログラミング」という科目として成績が付くわけではありません。

プログラミング的思考を利用して各教科への学びの理解力が上がるといいね!

という道徳の授業的な感じです。

さらに、

我々の生活がいかにコンピューター(プログラム)に依存しているかを知ること、それらは最初からそこにあるのではなく、誰かが意図して組み込んだ(プログラムした)ものであることへの気付きを促すことを重要視しています。

 

コンピューターが制御してるから大丈夫!

と、盲信することが危険であることを認識できるようになります。

コンピューターは間違えなくても、プログラムを組んだ人間がミスをしていれば不具合は起きるのです。

 

コンピューターは、なんでもできる未来から来たネコ型ロボットなどではなく、

活用する人間次第で発揮する能力は変わるということへの気付きを促します。

 

社会的な仕事の仕方を学ぶ機会。

たとえばグループに分かれてアプリケーション開発の実習をするとします。

グループ内で役割分担をしたり、リーダーを決めたりすることによって、

他の人と協力して物事を進める方法を学びます。

 

さらに、製作の過程において著作物の権利を学習します。

また、複数のグループで作業することにより情報のセキュリティに対する知識も身に付きます。

 

ネットに対する自分の身の置き方を知ることは大切なことです。

匿名性の維持や、バカッターなどと呼ばれる行為の危険性を啓蒙することはいずれ必要なことでした。

 

さいごに

新入社員がキーボードを打つことさえできないのはもはや常識的にありえないということです。

プログラマーでなくてもパソコンを使って仕事することは必須なのです。

IT機器が不要な職種の方が特殊だということです。

このまま各家庭や個人の趣味として習熟するのに任せていては国の基盤が揺らぐという判断だと思います。

 

プログラムを書けるようになること自体が目的ではなく、パソコン(マウスとキーボード)やタブレットなどのIT機器が不自由なく使えるようになることが目的です。

習熟の過程としてプログラミングを習うことが一番の早道なのだと思います。

 

「どうしてわかってくれないんだ」

ではなく、

「こう言えばわかってもらえるかな」

というように考えられる人になって欲しいということです。

 

特に未就学児童に対してプログラミングやパソコンについての事前教育をする必要はないと思います。

必要はありませんが、余力があるなら学習を進めておいて損はありません。

ただし、タブレットやスマホを使って「Youtubeやゲームをすること=プログラミング教育」と勘違いなさらぬよう、くれぐれもご注意ください。

小学生向けのプログラミングスクールは、コンピューターやキーボードへの正しい認識と接し方を教えてもらうというぐらいのスタンスで良いと思います。

アプリ開発の授業に向けて事前にプロ講師から話を聞いて体験しておくことは決してマイナスにはならない貴重な体験ではあります。

プログラミングはプラモデルと同程度の意味しか持ちません。

ゲームを遊ぶ側より、作る側としての知識と興味を持ってもらいたいものですね。




コメント

タイトルとURLをコピーしました